中尾佐助資料とスライドデータベース

中尾佐助資料について

 大阪府立大学学術情報センターには、独創的な農耕文化の系譜論を展開し、照葉樹林文化論を提唱したことで名高い故・中尾佐助大阪府立大学名誉教授の旧蔵書を含む大量の研究資料が保管されています。
 中尾佐助コレクションは氏本来の研究領域である民族植物学、育種学を基盤とし、世界各地への野外調査を通じて渉猟された資料類は、種から食へと総合的に人間の営みを捉える視点により、食物・食文化まで広く及んでいます。中尾佐助資料のうち、旧蔵書(図書約3,500冊、雑誌60タイトル)は本学の図書館システムに登録し、中尾佐助コーナーに排架して利用に供しています。利用の申し出も多く、学術情報センターアジア資料コーナーと連携して本学の特色あるコレクションを形成しています。

 資料類は分類・整理を行い、目録『中尾佐助文献・資料総目-照葉樹林文化論の源流』(大阪府立大学総合情報センター(現学術情報センター), H9.3, 159p)を刊行し、学会関係者・諸機関に配布しました。




スライドデータベースについて

 中尾佐助資料は大きく著書・論文・記事類、オリジナル資料類、研究用資料類、参照資料類の4つに大別できます。スライドデータベース化事業は、オリジナル資料類であるスライド、スクラップブック、遠征アルバム、記録ノート、フィールドノート等のうち、第一段階として照葉樹林文化関連のスライドをデータベース化し、インターネットを通じて公開して中尾佐助資料を広く内外の研究者に提供することを目的としています。
 また、研究者が注釈や新たな解釈などを順次できる研究者用ファイルを作成し、中尾佐助資料を基盤として照葉樹林文化論を深化発展させ体系化する研究活動に対して支援して、関連分野の発展に寄与したいと考えています。

 スライドは1955年のカラコラム遠征から1984年の雲南調査まで約28,000枚ありますが、古い年代のものは退色やカビ等による劣化が進んでいます。この中から1958年のブータン踏査で撮影された約1,300枚のスライドについてデータベース化を終え、HPから公開しています。ブータンのスライドを対象としたのは、主に下記の理由によります。

  1. 1958年当時のブータンは鎖国をしており、その時代の文化社会事情や照葉樹林地帯の植生などを知る上で資料価値は高く、早急な代替保存対策が必要である。
  2. 実験的にデータベース化を試みる分量として適度なまとまりがある。
  3. 被写体を同定識別するために参照できる中尾自身の文献と資料が揃っている。

 平成18年4月から「財団法人 国際花と緑の博覧会協会より助成を受けて、探検スライドデータベースの増補改訂を進めています。




参照できる文献と資料

『秘境ブータン』(毎日新聞社 1959、社会思想社 1971再刊)
 本書は、ブータン王室の招待で日本人として初めてブータン入りを果たし、秘境ブータンを広く世に紹介した踏査記録である。 1960年第8回エッセイスト・クラブ賞を授賞。

『ヒマラヤの花』(毎日新聞社 1964)

『ブータンの花』西岡京治共著(朝日新聞社 1984)

ブータンのフィールドノート 3冊
 25回に渉る海外探検調査歴の割には残されたフィールドノートは少ない。中尾先生は、フィールドノートがわりに非常にたくさんの写真を撮影している。「フィールドノート論」(TBS調査時報 no.271, 1981.10)では、フィールドノートは、“場所と日時、主な景観と主要対面者、その日の事件など記憶再生の手がかり程度のもの”であると記述している。手がかり程度のノートでも、ブータンの最初の探検に関するノートは3冊あり、キャンプ地や移動ルートの行程も明記されており、スライドを特定するのにたいへん貴重な資料である。

ブータンのアルバム 12冊
 モノクロ写真をまとめたものである。秘境ブータンなどの著作に使われた写真はこれから製版されている。


中尾佐助スライドデータベース

お問い合わせ

研究者用ログイン